日本では従来の占いとは一線を画す新たな占いを見ることができるのです。それが電話占いというものです。その名の通りスマートフォンや携帯電話を介した占いであり、誰もが手軽に占い鑑定してもらうことができるのです。そのため職場で大きなミスをして落ち込んだ際には、昼休みに携帯電話から先生に相談してアドバイスを請うことができるのです。また24時間相談を受け付けているところも多く、昼夜逆転の職業に就く人でも気軽に電話して占い鑑定してもらうことができるのです。占いの館などにわざわざ電車を乗り継いで時間を使って赴くこともなく、非常に利便性が高いのです。その利便性の高さゆえに、困ったことが起きるとすぐさま電話してしまい、それがエスカレートして電話が常に繋がっていないと不安感に襲われる人もいるのです。これはある種依存症の一種であり、便利であってもその使い方に注意しなければいけないのです。

電話占いの料金体系などについて

最近雑誌やテレビ、ネットなどで電話占いの広告を頻繁に見ることができるのです。しかしその実態を熟知している人は非常に少ないものです。この占いは名前の通り自分のスマートフォンや携帯電話、公衆電話、自宅電話を利用して占い鑑定してもらうものなのです。従来の占いとは違って、先生と対面せずに気楽に鑑定をお願いすることができるのです。電話を介していても、水晶やタロット占いをはじめ、思念伝達、未来投資、遠隔霊視、遠隔透視といった本格鑑定も可能なのです。それでいて一分あたり100円と言う料金体系が相場になっているのです。気軽に相談でき、料金もリーズナブルに感じがちですが、電話を介する相談はついつい長電話になりがちなので、そのことで後で高額な通話料と相談料に驚かされることになるので注意が必要なのです。事前に決まった額を払い込むチケットを買って相談すると後で高額請求に悩まされることは回避できるのです。

電話占いに依存しすぎないように

老若男女を問わず幅広い層の人に電話占いが利用されるようになっているのです。国民一人一人が持っているとされる携帯電話から、場所や時間を問わず気軽に占いをしてもらうことが可能であり、そのことで幅広い層の人に支持される占いになったのです。仕事や学校でトラブルに巻き込まれたり、困ったことが起これば休み時間にすぐさま電話して占いの先生に的確なアドバイスを請うことができるのです。そのためお昼休みだけでなく、一日に何度も電話して先生のアドバイスを請う人もいるのです。しかし一日に何度も電話占いに電話する人は依存症の可能性があるので注意が必要です。エスカレートすると先生に着るものの色、食べる食材、今日やるべき事、今日会っておく人など全て先生の判断に委ねるようになり、またそれを指示してもらわないと非常に強い不安感に襲われるようになるのです。次第に先生と四六時中電話がつながっていないと不安になり、生活がままならなくなるのです。そのため利用法は計画的に、また先生のアドバイスは生活の指針程度にとどめておくことが大事なのです。